青汁で体の中をキレイに健康に

「ダイエット」女性であるあなたも、1度や2度経験したことが有ると思います。たしかに、大きくて丸いシルエットの女性より、華奢な線の細い女性の方が魅了的であると思います。しかし、細さを求めるあまり過剰なダイエットなどをしていると体は、ボロボロになってしまいます。必要な栄養素を取入れなければ、健康は保てないばかりか命の危険さえあります。

年中風を引いている、冷え性、便秘、いつもダルいなど心当たりがあったら要注意です。あなたの体は疲れきっているかもしれません。もし、健康的に痩せるのであれば、やはり必要最低限の栄養と適度な運動が必要です。たまに街でガリガリの女性が歩いていることがあります。

たしかに線は細いですが骨と皮だけのような、とても健康的とは思えない女性です。あなたの、望む美とは、こういうものですか。

内臓機能の低下

内蔵機能が低下することによって体調不良になりやすくなります。血行不良による冷え性、基礎代謝の低下、老廃物の排出の遅れ、むくみなど症状は様々。

また、肝臓の機能が低下すると毒素の排出がうまくできず、体が黄色くなる黄疸になるほか、疲労しやすくなる、疲れが取れない、といった症状が出てきます。更に、悪化すると肝炎や肝硬変になることもあると言われます。

これでは、せっかく痩せてもどこにも出掛けることもできません。病院と家の往復か、ひどければ入院になってしまいます。

ですから、美しく痩せるためには内蔵の健康維持が必要になってきます。青汁は、その健康を維持する栄養が豊富に含まれています。

青汁

あまり野菜が得意では無い方も、今は飲みやすい商品も増えてきています。粉末は粉っぽくていやというのでしたら青汁のサプリメントもあります。

ですが、やはり内蔵をしっかり動かすというのも必要なので、粉末タイプにするかしっかり3食の食事をすることがいいかと思います。内蔵は動かないでいると機能は低下していくものです。

ですが、食べ過ぎても運動量が追いつかず、内蔵が疲れてしまいます。つまり適度に動かすことが大切です。そのためにはバランスの取れた栄養を取る必要があります。

キレイに痩せるために

先程も言いましたが健康的に痩せる為には運動が必要です。筋力が衰えると代謝が落ち血行不良になり冷え性になるなど悪循環にハマってしまいます。

また、内臓を支える筋力まで無くなってしまうと胃下垂になりぽっこりお腹になってしまうこともあります。運動をするためにも、体の機能を維持するためにも最低限の栄養素は必要です。その栄養素を効率的に摂取するために青汁などはいかがでしょうか。

青汁は主原料2つ

一言に青汁と言っても、各社から様々な商品が出ているので、これから始めてみようという人は、まよってしまうと思います。そこで今回は、青汁の主原料によるその栄養素の違いを簡単にみていきましょう。

主原料が違うだけで、その効果に違いがあります。あなたの求めている「栄養素をしっかり取るため」「毎日続けられるように飲みやすい物」を選ぶために主原料の違いを理解してください。

ケール

青汁といえば、このケールだと言ってもいいでしょう。ケールは、地中海沿岸が原産で、キャベツの原種として知られています。

ですが、キャベツのように丸くなったりせずその葉はバラバラに生えています。その味は、苦味が強く独特のクセがありケールを主原料にしている青汁は、これから始めようという方には飲みにくいかもしれません。

しかし、ケールは「野菜の王様」といわれるほど、どの野菜より栄養価が高くその効果も絶大なものになります。他の野菜と比べると、ビタミンAは人参の2倍、カルシウムは牛乳の2倍、ベータカロチンはブロッコリーの約8倍あるといわれています。その他にも食物繊維、葉要素、タンパク質とたくさんの栄養があります。

このケールは、ガンの抑制、便秘予防、体の酸化を防ぐなど効果があります。

明日葉(アシタバ)

日本原産で、太平洋岸に自生もしている明日葉は、セリ科シシウド属の野菜です。葉と茎を食べることができます。ですが、その味はケール同様味にクセがあり、もし生で食べるならば調理を工夫する必要があるほどです。

名前の由来は「葉をつんでも明日には新たに芽が生えてくる」ところから付けられたそうです。 つまり明日葉はとても生命力が強く成長が早い植物であることがいえます。

ケールほどではないですが明日葉も栄養満点の野菜です。カロチン、カリウム、ゲルマニウム、食物繊維にいたってはケールの1.5倍あるといわれています。

明日葉は、血圧の安定、利尿作用、糖分の吸収を抑える効果があります。

青汁の効果は商品によってそれぞれ

いかがですか。青汁の主原料に夜大まかな違いはわかりましたでしょうか。

これらを理解するだけでも、青汁を選ぶ材料の一つになるかと思います。あなたの健康状態、今病気になっていてそれを軽減したいのか、それとも今は健康体でそのまま維持する為に青汁を飲むのか、によっても選ぶものが変わってきます。

根気よくあなたに合うものを探してください。参考になれば幸いです。